イタリア語で数字を言ってみよう!

帰国後のわたしに、「イタリア語のレッスンやらないの?」とオンラインレッスンのキッカケをくださった第1号の生徒さん、現在、数字を勉強していて、その懸命に覚えている姿を見て、イタリア語の数字が覚えやすいようにまとめてみました。独学で頑張っているイタリア語初心者の方も是非ご活用ください。

覚えたら(インプット)声に出して発音してみましょう(アウトプット)!

0から10まで

イタリア語の読み方はほとんどがアルファベット読みで通じるので、わたしたち日本人にとっては発音しやすい方だと思います。Rは舌を巻いちゃってください!

11から19まで

次は二桁の数字です。ここでは、11から19までの不規則な形を覚えましょう。先ほどの1から10までを組み合わせたような形に近いのですが、イタリア語で見てみると、

  • 10はdieciではなく、diciと変形している
  • 11から16までは「1と10」「2と10」「3と10」のような組み合わせ
  • 17から19までは「10と7」「10と8」のように上記11から16までと逆の組み合わせ

と、ややこしい!

と言うわけで、つべこべ言わず覚えましょう!笑

二桁の0がつく数字

次は、キリのいい数字です。ここまで覚えれば、後が楽!もう少し頑張りましょう。

上記以外の二桁の数字

ここからは規則的なので、今まで覚えた数字を活用して組み合わせていきましょう。

注意する数字は21と28です。1も8も母音で始まるため20であるventiは最後の「i」を発音しません。これは30、40、50・・・90と二桁の0がつく数字で同じ規則になります。

数字 イタリア語 読み方 組み合わせ(21と28は発音)
21 ventuno ヴェントゥーノ
22 ventidue ヴェンティドゥエ 20 venti + 2 due
23 ventitré ヴェンティトゥレ 20 venti + 3 tre
24 ventiquattro ヴェンティクワットロ 20 venti + 4 quattro
25 venticinque ヴェンティチンクエ 20 venti + 5 cinque
26 ventisei ヴェンティセイ 20 venti + 6 sei
27 ventisette ヴェンティセッテ 20 venti + 7 sette
28 ventotto ヴェントット
29 ventinove ヴェンティノーヴェ 20 venti + 9 nove

三桁以上の数

ポイントは

  • 100であるcentoは無変→200はdue cento, 300はtre cento
  • 1,000であるmillaは2,000からmilaと変化します(以下の表参照)
  • 同様に100万であるmilioneや10億であるmiliardoも、200万や20億になると変化します(以下の表参照)

大きすぎる数字は普段の生活ではあまり使わないかもしれないけど、新聞やインターネットニュースなどでは見かけるのでニュースの内容が難しくても数字を意識して見るのもいいかもしれませんね。

また、「何年生まれ?」とか「何年の出来事だったね」などよく会話で使われる4桁の数字は表現できるようにしておくとイタリア人との会話も盛り上がりますよ!

例えば、今年である2021年は、
「2,000 → due mila」 +「21 → ventuno」= due mila ventuno と表現します。


もし、1998年と言いたい場合は、
「1,000 → mille」+「900 → nove cento」+「98 → novantotto」= mille nove cento novantottoとなります。

数字 イタリア語 読み方 発 音
100 cento チェント
1,000 mille ミッレ
10,000 dieci mila ディエチ ミーラ 省略
100,000 cento mila チェント ミーラ 省略
1,000,000 un milione ウン ミリオーネ
10,000,000 dieci milioni ディエチ ミリオーニ 省略
100,000,000 cento milioni チェント ミリオーニ 省略
1,000,000,000 un miliardo ウン ミリアルド
2,000,000,000 due miliardi ドゥエ ミリアルディ 省略

覚えるコツ

ここまで辿り着いた方、お疲れ様でした!自分でも書いていてややこしい!笑

一度に全部覚えようとせず、まずは0から10、次に11から20、と区切って覚えましょう。リズムをつけて繰り返し声に出すことで覚えが早くなりますよ。音声を載せたので何度も繰り返し聞いて発音を真似しましょう。

挫けそうになったらコメント欄をご活用ください!わたしが喝入れて差し上げましょう。笑

独学の方はこちらのイタリア語は独学で習得できるのかも参考にどうぞ。

Ciaooooooo!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました