Language

イタリア語検定1級申し込み

Share this post

久しぶりの体重測定。自分の思い込んでいた体重より実際の体重は4キロも多くがっかりしているAsacoです。完全帰国後の食生活は和食でさっぱり、夕飯時間も早いので少しは体重減っているかなぁと期待してしまった。笑

3月8日に帰国してもうすぐ5か月。帰国後すぐに生活基盤を整え4月からはバイトも始まった。

通勤時間が車で往復2時間ちょっとなので、これは有効に活用できる!と思い、せっせとイタリア語を聞いており、少しヒアリング力がアップしたように感じているこの頃だが、時々ビデオ電話で話すイタリア人との会話では言葉が出てこない、話すスピードが遅いなどスピーキング力の衰えが著しいと実感している。
元々イタリア語を話すのが不得意だったこともあり弱点の衰えは更に早いのだろう。

イタリア語をあまり話していない焦りや語学力をこれ以上衰えさせたくないなどの理由からイタリア語検定試験1級に申し込み自分を追い込むことにした。

試験が予定されている10月には新型コロナウィルス感染防止対策がどのように変わるのか分からないし、試験が行われないかもしれないが、受験料を払ってしまえば勉強するかな、なーんて相変わらず安易な考えで申し込みしてしまった。

まずは過去問収集から。すでに持っている何冊かのほかに、近年の問題集をネットでポチってみた。

イタリア語検定の過去問たち

早速解いてみたが、以前試験を受けた頃よりは間違いなく正解数が増えている。が、ダメダメダメ。そこは間違っちゃいけないでしょー!という問題で間違ってるし、ひっかけ問題に素直にひっかかってるし。笑
語彙力もまだまだどころか、イタリアで使っていた単語すら忘れてきているような気がする。年々記憶力は低下する一方だというのに、今から新しい単語覚えられるのか?

試験申し込みは早まってしまったのか。。。

などなど、独りでブツブツ呟きながらも毎日少しづつイタ検対策に取り組んでいるところであーる。

平日はまとまった勉強時間がとれず、最近は昼休みも活用し勉強することにした。この昼休みに勉強するって、短時間に集中して取り組めるのでわたしには合っているな!と新発見。
朝は出勤支度しながらラジオを聞き流し。通勤時間の往復はラジオを聴きながら追いかけて口に出すようしているがまるでついていけず。週末は時間がとれても集中力が続かないため1時間から1時間半ごとに息抜き兼ねて全く別なことをしている。

それでもいいんだ。好きで、一生懸命、時には悔し涙しながらイタリアで学んだイタリア語、これ以上忘れたくない、むしろもっと向上させたいのよね。

5月からプライベートでイタリア語を教え始めた!(祝!生徒さん第1号!!!)ので、自分がイタリア語を勉強するモチベーションアップにもつながっているのだ。

年齢を理由に自分に負けてられない。

健闘を祈る、Asaco!

最後まで読んでくれてありがとうございます。